• ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

簡単に汚れを落とせる

窓を掃除する際は、水拭きだけでも綺麗になります。 意外と簡単なので、いつも綺麗になるよう掃除してください。 雑巾が2枚あれば、窓掃除ができます。 水で濡らした雑巾で拭いた後は、必ず乾いた雑巾で拭いてください。 上から下に降りてくるように、雑巾を動かしましょう。

大きな汚れが付着している

目立つ汚れが付着している場合は、水拭きだけでは落とせないかもしれません。 ですから洗剤を用意してください。 洗剤を使うことで、どんな汚れでも綺麗に落とせます。 洗剤を使う場合も、乾いた雑巾を用意してください。 終わったら洗剤を、しっかり拭き取りましょう。

いつ窓拭きをすれば良いのか

昼間に、窓拭きを済ませてしまおうと考えている人が見られます。 曇りの時なら良いですが、晴れている時は控えてください。 晴れている時は日中ではなく、夕方以降に窓拭きを行うことをおすすめします。 効率良く窓を拭けるように、タイミングも考慮してください。

水拭きだけで綺麗になる

窓が汚れていても、意外と雑巾だけで綺麗にできる場合が多いです。
軽い汚れだったら、水で濡らした雑巾を使ってください。
拭き方に、コツがあります。
適当に雑巾を動かすのではなく、上から掃除してください。
雑巾を横にスライドさせながら、下に降りてくる方法が良いですね。
すると、ムラも磨き残しもありません。
水拭きしたら、必ず乾いた雑巾で同じように拭いてください。
濡れたままにしていると、水滴の後が残ってしまいます。

水拭きだけで汚れを全て除去できない場合は、洗剤を使ってください。
窓掃除用の洗剤がドラッグストアで販売されているので、購入しましょう。
スプレータイプの洗剤が多く見られます。
直接窓に吹きかけても良いですし、雑巾に吹きかけても構いません。
しかし窓に吹きかけてそのまま放置すると、洗剤がこびり付いてしまう可能性があります。
吹きかけたら、早く掃除しましょう。
同じように洗剤で拭き終わったら、乾いた雑巾で拭いて終了になります。

窓を掃除する日は、曇りの日が良いと言われています。
晴れている日に行っても、反射してうまく汚れが見えません。
綺麗になったのか判断しにくいので、効率が悪いです。
曇りの日だったら、汚れがきちんと見えるので窓全体が綺麗になるでしょう。
晴れている日でも、日が落ちている時なら掃除しやすいです。
日中は忙しくて窓掃除ができなかった人は、夕方にすると良いですね。
窓が汚いと、モチベーションも下がってしまいます。