簡単に汚れを落とせる

雑巾を2枚用意しよう

まずは、雑巾を1枚濡らして、固く絞ってください。
大きくて目立つ汚れはついていない限り、濡らした雑巾だけでも綺麗に汚れを落とすことができます。
雑巾で窓を拭きますが、上から拭いてください。
下から上に行くと、汚れも一緒に移動して取れなくなってしまう可能性があります。

拭く時は、カタカナのコの字をイメージすると良いと言われています。
窓が綺麗になると気持ちがスッキリします。
定期的に掃除してください。
ずっと放置していると大きな汚れがこびり付くので、水拭きだけでは綺麗にならなくなってしまいます。
すると掃除の手間が増えるので、1週間に1回ぐらいのペース掃除することをおすすめします。
窓掃除の手順を覚えておきましょう。

水気をしっかり拭き取ろう

どんなに固く絞った雑巾でも、水気が残っています。
窓を拭いて、そのままにしないでください。
水拭きが終わったら、乾いた雑巾できちんと拭きましょう。
すると窓がきれいになります。
水拭きが終わった直後は、綺麗に見えると思います。
しかしそのまま放置すると、水跡が残って汚くなるかもしれません。

ですから窓掃除をする際は、雑巾を2枚用意します。
片方は濡らして、片方は乾いたまま使用してください。
いらなくなったタオルや、服でも代用できます。
それならわざわざ買わなくて良いので、費用の削減に繋がります。
汚れたら捨てれば良いので、処理も簡単だという面がメリットですね。
乾いた雑巾で拭く際も、同じように上から下に移動させてください。