大きな汚れが付着している

水だけで落とせない汚れ

窓をずっと放置していた場合は、汚れがこびり付いている可能性があります。
その際は水拭きだけで、掃除することは難しいです。
専用の洗剤を使ってください。
窓拭き用の洗剤を、ドラッグストアで購入しましょう。
雑巾に洗剤を吹きかけて、水拭きの時と同じように上から下に掃除してください。
それから、乾いた雑巾で拭く部分も同じです。

洗剤が肌に付着すると、荒れてしまうかもしれません。
お肌がデリケートな人は、肌に触れないようゴム手袋を装着すると良いですね。
また水拭きの場合も、不安な人はゴム手袋を使ってください。
手荒れを気にして窓拭きをしない人が見られますが、ゴム手袋を使えばそのような心配は必要ありません。
お肌のことも考えてください。

直接吹きかける場合

直接窓に、洗剤を吹きかけても大丈夫です。
ただその場合は、長い時間放置しないでください。
放っておくと洗剤が固まって、取れなくなってしまいます。
洗剤を吹きかけて、すぐ洗うことを意識してください。
洗剤を使うと、大抵の汚れを落とすことができます。
また窓は、室内側も拭いてください。

外側が汚れるので、そこだけ拭いていれば綺麗になると思っている人はいませんか。
しかし室内側だって、ずっと放置していれば汚くなります。
両面綺麗にしないと意味がないので、忘れないでください。
大きい窓は、上まで磨くのが大変だと思います。
脚立を使う時は、十分安全に注意してください。
高いところまで拭くことができる、窓用のモップがあれば便利ですね。